このみホーム 建物商品ラインナップ
高気密フォームライトSL

フォーラムライトSLの特性
現場発泡ウレタンフォームとは? 特徴 従来の断熱材と異なり、現場にて断熱材を形成。
2液(A液、B液)が化学反応をする事で断熱材を形成。 効果 専門業者による材工工事となり、断熱・気密工事が短期間で可能 (およそ2日間)。液状で塗付する為、わずかな隙間にも入り込み、 気密性が向上。素材に接着性がある為、気密施工が不要。 (断熱/気密同時施行。)
※閉口部まわりなどは別途気密施工が必要。 フォームライトSLとは? 特徴 水発泡のノンフロン低密度硬質ウレタンフォーム。 JISA 9526-2006 A種3(NF3)に分類。 効果 形成された断熱材はほとんどが空気(99%)であり、環境負荷が 小さい。内部ガスが空気であり、断熱性の劣化がない。非常に軽く、 接着性がある為、脱落や垂れ下がりがない。断熱材に伸縮性がある 為、躯体の変化に追随し、気密性が保持される。
フォーラムライトSLの特性
施工行程 施工行程
トラックに原料(A液/B液)、発泡機及び付帯設備(発電機他)が積載されており、そこからホース(約60m)を現場内に引き込み施工します。
トラックから引き込まれたホースの先端にスプレーガンが装着されており、そのガンより原料(A液/B液の混合液)を液状で施工面に吹きかけます。
わずか1、2秒で化学反応により断熱材が形成されます。
施工写真 施工写真 基礎断熱 天井断熱 コンセントBOX周り 外気に接する金具周り 透湿シートへの施工時の外観 ダクト周り 施工写真